ギャップの差を埋めるリソース

目標の収入を引き寄せる。成功に役立つGEOモデルとは?

Pocket

インターネットビジネス心理学講座バナー
 

ゴールと現状のギャップ

目標の収入を引き寄せる。成功に役立つGEOモデルとは?
ゴール・エビデンス・オペレーションの3要素からスピード成功まで

成功者が成功するには理由があった!
成功の確率を上げるメカニズムがあり、そのメカニズムを働かせていた。

今回はGEOモデルについてご説明します。

GEOモデルを知ることで、
あなたは自分の成功を確実にする武器を1つ増やせます。

成功の鍵

成功コーチングにGEOモデルの効果が組み込まれていることがわかり、スピード成功するまでの過程をイメージできるようになります。

どうすれば成功することを自動化し、それが当たり前になるのか?
その答えまでわかってしまいます。

自分が成功するということが確信でき、ワクワクしますよ。
楽しんで、GEOモデルの説明をご覧ください。

そして、スピード成功への道を突き進んでください。

スピード成功への鍵

目標の収入を手にしたい!成功したい!という人に
スピード成功にGEOモデルが効果的であることをお話します。

成功を願うなら、ぜひともGEOモデルの活用をお勧めします。

GEOとは、目標を達成するための3要素の頭文字をとったネーミングです。

・ゴール goal(目標)の「G」
・エビデンス evidence(証拠)の「E」
・オペレーション operationの「O」

ゴールを設定し、スポーツ選手がやっているようにそこまでの過程をイメージトレーニングするのに似ています。
そして、ゴールと現状の差(ギャップ)を埋めるリソースを見つけ、埋める行動をとり、実際にゴールするという考え方です。

GEOモデルで成功を手に入れる。
GEOモデルは、成功コーチングに組み込まれているので、
成功コーチングを受けたり、コーチング練習をしてみましょう。
そうすることでGEOモデルについて理解が進むでしょう。

図で表すと、こんな感じです。
ご自身で、目標やリソースを紙に書くときの参考にどうぞ。

ゴールと現状のギャップ

ゴールとは、いわばアウトカムのことです。
ゴールの先までイメージすると、さらに効果的ですよ!
そのことを、メタゴール あるいはメタアウトカムといいます。

エビデンスとは、
ゴールを手に入れたという証拠のこと
五感で脳内イメージをしたり表現することでゴールの情景が明確になります。
成功コーチングの中では、
「ゴールを達成している時、誰がまわりにいますか?どんな声が聞こえますか?何が見えますか?体感覚としてどんなことを感じますか?温度は?」
イメージしてもらい、ゴールを達成したことの証拠として語ってもらいます。

目標達成とは、あるべき理想の状態(Goal)と現状の差(GAP)を解消すること、埋めること!
目標達成とは、ギャップが埋まるまでリソースを積み重ねる作業に過ぎません。

このGEOモデル!成功に役立ちます。
成功コーチングでの活用で、スピード成功も夢じゃありません。

私は、自分の経験から、このような考えに至りました。

成功コーチングを受けるようになって、私はスピード成功の道を歩き始めました。

やり方は簡単なのに劇的な効果があることに驚きました。

そして、ある文献を読んでいる時に気が付きました。

「成功コーチングには、GEOモデルが組み込まれている!」
「なるほど!そういった意味でも、簡単に見えて効果があるんだ!」

このことに気が付きました。

つまり、スピード成功にGEOモデルが効果的であることを知ったのです!

スピード成功にはGEOモデルが効果的

私がスピード成功にGEOモデルの活用をお勧めしている理由をお話します。

●ゴールを設定すること(目標設定すること)
●エビデンス(証拠)として目標達成の状況をイメージすること
●目標達成とは、現状とゴールのと差(GAP)を埋めることだと理解すること

それぞれに効果があることを説明します。

●目標を明確にすることで、目標達成に焦点が当たります。
そうすると、人の(あなたの)脳の検索能力が発揮されます。
たとえば、ある車が欲しくなったら、道を歩いていても、その車種ばかりが目に飛び込みます。
このように目標達成を明確にすると、達成に必要なものを脳が(勝手に)検索し始めます。

焦点の力は凄いです。芸能界のゴシップに焦点を当てている人は
毎日のようにワイドショーを見たり、芸能誌を読んだり、芸能情報を追いかけ、芸能情報に詳しくなります。
同様に、インターネットで1千万円稼ぐことに焦点を当てていれば、そのことに詳しくなり、プロフェッショナルになっていきます。

●5感で目標達成したところをイメージすることで
そうなることが当然であると自己暗示がかかり
そういったセルフイメージになりやすいからです。
ニューロロジカル(自己認識)の上位概念が変革するので
成功しやすいと言えます。

●現状とゴールを視覚化、イメージし、その差(ギャップ)を埋める作業が目標達成になると意識することで、目標達成は可能であると感じられるからです。

大きな目標の場合は、中間目標やさらに小さな経過点の小目標まで
GEOモデルでチャンキング(細かくする)ことで、実現可能であることを強く感じます。
人間、「そんなの不可能だ」と感じることに邁進することには強い抵抗があります。

「あなたは億万長者になれますよ!億を手に出来ますよ」といきなり言われてもピンときません。

「ATMに行って5万円下ろしてください。そうすれば5万円を手にしている状態でしょう」
こういわれたら、「そりゃ当然でしょ」と感じるでしょう。
日常生活で達成可能な目標であり、行動ですから。
やる気さえあれば、やるだけなんです。

口座残高が5万円以下の人以外の人なら、キャッシュカードがあればできて当然です。

そう、どんな大きな目標もチャンキングして、できる行動(大きな目標を分割して)まで細分化すれば、目標に向かって進むことは可能なんですね。

ネットで1万円稼ぐことがイメージできない人も、まずは、パソコンの前で30分座って作業することはイメージできます。

成功とは、成功するまで作業を継続すること・・・そしてチャンキングすれば、そういった「出来て当然」の行動の積み重ねでしかありません。

こういった達成可能であるという意識を視覚化することで得やすくなるのです。

達成できそうもない目標では、一歩も進みません。
一歩も進みませんから、成功に近づくことはありまん。
人は(あなたも)「自分でもできそうだな。」と思ったときには、一歩前に踏み出しやすいですよね。

「出来て当然」の行動の積み重ね

目標の収入を手にする!成功を手に入れるのにGEOモデルを活用してみましょう!

意思が強く、1人でできる方は、紙に書くことです。
そして、毎日見返すことですね!

目標を書きます。
ゴールを達成した情景をイメージして文章にします。
イメージしたときの5感の感覚を書き入れてみてください。
この紙を毎日みて目標を確認し、毎日 5感を活かしてイメージしましょう。

その目標達成に必要なリソースを書きます。
日々、見返して修正、削除、追加してみてください。

目標が大きい場合は、中間目標を作って、同じようにGEOモデルで書きます。

最終目標が億万長者になるとした場合、
「3年後には、年収1千万円を達成したい」という中間目標を設定してGEOモデルで書き、毎日、見るという感じですね。

中間目標や、さらに経過点となる小目標を立てるときは、
スマートの法則で目標を立てることがお勧めです。

ビジネスコンサルタント業務のオーソリティーであるブライアントレーシーが考案したものです。
スマートとは、英語の頭文字をとったものです。ご存知のとおりS・M・A・R・Tでスマートとなります。

小目標などの中間目標が以下のようになっていることが大切(コツ)です。

Specific  = 具体的、わかりやすい目標
Measurable  = 計測可能、数字になっている目標
Agreed upon = 同意して、達成可能な目標
Realistic  = 現実的に達成できす目標
Timely  = 期限が明確になっている目標

GEOモデルを活用する時の参考にどうぞ!

「え~、自分1人でできるほど・・・意思が固くないです!
何か、別のラクなやり方ないですか??」

そんな声も聞こえます。

実は、何度もこのページでお話してきた「成功コーチング」には
GEOモデル効果が取り入れらています。

1週間~1ヶ月に1回ぐらいの感覚で、成功コーチングを体験すればいいんですよ。
どうすればいいのかというと、お友達と二人でスカイプなどを使って、
お互いに交互でクライアント役とコーチ役になって成功コーチングの練習をすればOK。
スピード成功につながります。

1人で紙に書いて、毎日 繰り返し読み返すよりも、
コーチング練習では、「人の目効果」も働きますし、
目標達成に必要なリソース情報についても、相手から情報が得られることもあります。

例えば、100万円の副収入を手に入れる!100万円の収益UP!
などを小目標にしていた場合、相手から儲かる案件情報や
メルマガ配信スタンドの状況など、自分が知らなかった情報を得て目標が達成しやすくなることが良くあります。

そういった意味では、同じ人と10回練習するより
10人の人と1回ずつ練習して、合計10回の練習にするほうが目標達成が早まることがあります。

これは、人の目効果が10倍であると同時に、スモールワールド

「スモール・ワールド現象」

「スモール・ワールド現象」、「六次の隔たり」により、必要なリソース情報が確実に獲得できるようになりやすいからです。

「スモール・ワールド現象」とは、
社会心理学者スタンレー・ミルグラムが1967年に行ったスモールワールド実験で検証され、
その後この仮説をもとに六次の隔たりという有名なフレーズが生まれました。

「人は自分の知り合いを6人以上介すと世界中の人々と間接的な知り合いになることができる」

SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっています。

ということは、コーチング練習をしたときに、この質問をセットですればいいのです。

「私の目標は×××です。これを達成するのに必要なリソースはご存知でしょうか?
もしくは、知っていそうな人はいますか?いれば教えてください」

インターネットで収入獲得を目指している人同士ですし、
SNSやブログなど人とつながるツールを利用しているのですから、
「スモール・ワールド現象」「六次の隔たり」により、必要なリソース情報が手に入りやすいのは当然なのです!

もし、あなたがスピード成功を望むのであれば
インターネット収入獲得にチャレンジしている人がたくさんいる環境に身を置き
その人たちとコーチング練習ができる状況にいることです。

定期的に、いろいろな人と成功コーチングの練習をしていれば、
それはスピード成功につながります!

まずは、成功コーチングを体験してみましょう。

それが、スピード成功の入り口です。

目標の収入を手にしたい!成功したいという人に
スピード成功にGEOモデルが効果的であることをお話していきたいと思います。

もし、成功を願うなら、GEOモデルの活用をお勧めします。

はじめの小さな小さな一歩として、
成功コーチングを体験してみるのもいいでしょう。

インターネットビジネススクール

●インターネットビジネス心理術の予習(仮タイトル)より抜粋

他にも!
以下の成功に役立つコンテンツは、要注目です。

●iBSAインターネットビジネス心理術講座(仮タイトル)
・ビジネス心理テクニックコンテンツP
・ビジネス心理テクニックコンテンツM
・ビジネス心理テクニックコンテンツT

●サクセス セルフ コントロール コンテンツ<S.S.C.C>(仮タイトル)

今すぐ成果実績をご覧いただけます。スピード成功の素ここにオールインワン。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。

 

 

 

(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA