リンクペイントコンテンツ

賢威を紹介します。

Pocket

賢威(けんい)というネットのテンプレート集、あなたもどこかで見聞きされたことがおありでしょう。

SEO対策になるスゴ腕テンプレートなんだそうです。

賢威8

2007年発売開始なので、12年以上もバージョンアップをしながら多くのユーザーに支持されてきたわけです。

現在「賢威8 スタンダード(HTML/WordPress)版(β版)」まで進化し続け、2万5千以上のユーザーのネット業務を支えてきましたが、その魅力の一部を紹介します。

ユーザーの声を可能な限り反映しつつ、新しい機能を多く追加して、さらに使いやすいテンプレートになっています。
※従来版のユーザーは、追加料金などなしに利用できます。

▼主な新機能

  • モバイルを基準にしたレスポンシブWebデザイン
  • メインビジュアルで使えるスライダー全画面表示機能を追加
  • カスタマイザーを利用して管理画面内でデザイン・レイアウトを調整
  • キャラ設定など機能の一部をプラグイン化
  • 著者情報の表示関連記事の機能向上など、より高品質なコンテンツを実現する機能

rline

賢威は、あの松尾 茂起氏がSEOコンサルティング業務で使い続けているツールなんです。

松尾茂起氏

賢威は、SEOコンサルタントの松尾 茂起氏が代表を務める京都のWebマーケティングチーム「ウェブライダー」が開発している商品です。

ウェブライダーは、被リンクを「売らない」「買わない」というポリシーの元、徹底した内的SEOとコンテンツプランニングによる外的SEOによって、数多くのサイトを上位表示させています。

その「ウェブライダー式SEO」のノウハウをすべて詰め込んだのが「賢威」です。

ウェブライダーの代表である松尾茂起氏は、SEOコンサルタントとして、上場企業から中小企業、個人経営者の方まで、幅広い層の方々にコンサルティングを行っています。

そのコンサルティングで使っているのが「賢威のSEOマニュアル」で、サイト制作で使用しているベースのテンプレートこそが、この「賢威テンプレート」です。

つまり、賢威はウェブライダーが実際のコンサルティング業務で使っている「完全プロ仕様」の商品なんですね。

下記は松尾氏がプロデュースしたサイトにおける上位表示の実績例です。
コンサルティング対象のお客様の実績を含めると膨大な実績となるため、一部のみをご紹介しています。
(※それぞれのワードはこれまでの最高順位です)

キーワード 最高順位
チリワイン 1位
父の日ワイン 1位
体臭 1位
白髪 1位
足がつる 1位
腱鞘炎 1位
肩こり 1位
眼精疲労 1位
会社設立 1位

 

キーワード 最高順位
パソコン教室 1位
集中力 1位
足が太い 1位
503 1位
WordPress SEO 1位
京都 作曲家 1位
人事 1位
看護師 辞めたい 2位
ワイン料理 1位

賢威が他社商品と大きく異なるつの理由

 

このページにたどりついたあなたは、おそらく、これまでに多くのSEOサービスや、ホームページテンプレートをご覧になったと思います。

SEO業界には数千を超えるSEO関連会社が存在していると言われています。
どの会社も独自のSEOサービスをリリースしていますが、「どの商品がどう違うのか?」が分かりにくいのがこの業界の特長ですね。
何が良いのかが分からぬまま、「ものは試し」でサービスや商品を購入される方は多いようです。

そこで、ウェブライダーでは賢威が他社商品と異なる理由」をリストアップしています。
下記の5つの理由をご覧いただき「賢威を導入するメリット」を知っていただいた上で、賢威の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

賢威が他社商品と異なる理由は、以下のつです。

賢威が他社商品と異なる理由1    理由1

松尾茂起氏が代表を務めるウェブライダーが開発したSEOパッケージは、この賢威」のみです。
※ウェブライダーは他社が一般販売しているSEOテンプレートの監修を一切行っておりません。賢威の開発にノウハウを注ぎ込んでいます。

賢威が他社商品と異なる理由2    理由2

賢威ユーザーだけがアクセスできる「賢威フォーラム」が存在しており、そのフォーラムには11年以上の運営で蓄積された7万9千件を超えるアーカイブが存在しています。
(※2018年5月17日時点のスレッド数:22,475、返信:56,610)

賢威が他社商品と異なる理由3    理由3

賢威は11年以上、クチコミで支持され続けている商品で、現在では「25,000人」以上のユーザーを抱えています。
多くの結果を出し続けてきた賢威は、たくさんのユーザーからのコメントに見られるように圧倒的な「実績」「信頼」を積み上げています。

賢威が他社商品と異なる理由4    理由4

ウェブライダーが制作・運営しているサイトは、ほぼすべて賢威テンプレートがベースとなっています。
※もちろん賢威テンプレートからのカスタマイズは行っています。

賢威が他社商品と異なる理由5    理由5

賢威を監修するウェブライダー代表の松尾氏は、SEOだけでなくWebマーケティング全般に精通し、CSS Nite宣伝会議などをはじめとした国内の第一線のセミナーに登壇し続け(※)、そのノウハウを提供しつつ自身のノウハウを常にブラッシュアップしています。

※「CSS Nite」では2013、2015、2016、2017年のベストスピーカー賞を受賞し、2016年には殿堂入りを果たしています。宣伝会議主催「編集・ライター講座」や「SEO基礎講座」、「adtech kansai 2015」等に登壇しています。

賢威はユーザーと一緒に、そのブランドを大切に育ててきた作品です。

松尾氏はこの「賢威」というブランド名を、多くのユーザーと一緒に育ててきました。

ネット上で販売されているツールやサービスはしばしば名前が変わりますが、賢威は7年以上、そしてこれからも、このブランド名を変えることはないとしています。

ネットでの時間の流れは「ドッグイヤー」と呼ばれ、他の業界の「7倍」スピードの早い業界といわれています。そのため、ユーザーが満足できない商品は、ものすごいスピードで悪いクチコミが広がってしまいます。
どんなに良い商品であっても、事実無根の風評被害からは逃れられません。
目立てば目立つほど叩かれる業界ですので、競合他社による風評被害なども起こります。
そのため、Web業界で同じ商品を長く販売し続けるということはとても大変です。
これは実際にWeb上で商品を販売されている方々の共感が得られることである思います。

そんな中において、賢威は11年以上の間、ずっと販売を続けてきています。
そして、数度に渡るバージョンアップを行ってきています。

賢威」というブランド名は、ウェブライダーという会社の分身だという位置づけをしていて、もし、「賢威」の評価が低いと、会社の評価も低くなる。だからこそ、松尾氏たちは賢威をビジネスの軸として、大切に育て続けています。

信頼と実績は一朝一夕では得られません、「時間(プロセス)」でしか、獲得できないものです。

松尾氏たちウェブライダーは、京都の地を拠点として活動している会社です。京都の地は「本質」を大切にします。どんな商品よりも本質、そして、ブランドを大事にしています。

その気持ちが、商品のブラッシュアップにつながり、結果的に、多くのユーザーの満足を獲得しています。

015

あなたがSEOに使える時間は限られています。これから先「賢威を使わない」ことは大きなデメリットになるかも知れません。

賢威は「Googleのアルゴリズム変動」の影響を受けないSEOを意識しています。

賢威は、販売当初より「Googleが目指す方向」を向いてきました。それは「検索エンジンを使うユーザー」を第一に考えるということです。
その結果、パンダアップデートやペンギンアップデートといった大規模な変動が起きても影響の少ない(むしろ順位アップするケースが多い)サイトをたくさん生み出しています。

賢威の提唱するSEOは、巷でいう「王道のSEO」に属するかもしれません。
ただ、おそらく、ほとんどの方は「王道のSEO」とは「ロジカルなSEO」であることをご存知ないのではないでしょうか。

特に「王道」という言葉を見ただけで「たいしたことないのでは?」と感じてしまう方は、その偏った思考で、これまで随分と損をされてきたことでしょう。
なぜなら、本当に王道なSEO、すなわち「ロジカルなSEO」に出会っていないであろうからです。

賢威のSEOを知っている人は、口を揃えてこう言います。

旧来のSEO脳を持っている方は、賢威のSEO戦略を学ぶべきだと。

人事ったー

例えば、賢威が教える「外的SEO」は、ソーシャルメディアを使うユーザーの「行動心理」にターゲットを定めてコンテンツをつくることを軸としています。

簡単にいえば、「Twitter」や「Facebook」などのソーシャルメディアを使うユーザーが「日頃、どんな心理で情報発信しているのか?」を分析していくことで、リンクが自然に集まるコンテンツ制作が可能となります。

このソーシャルメディアを用いた外的SEOノウハウは、ウェブライダーが最も得意とするところです。
多くのコンテンツをプロデュースし、ソーシャルメディアを活用したプロモーションをおこなってきたウェブライダーだからこそ、体系化できたノウハウだといえるでしょう。

ウェブライダーがブラックハットなSEOに手を出さずに実績を上げてこれたのは、この外的SEOノウハウがあったからです。
正直なところ、今、最も効果的な外部リンク対策(外的SEO)を挙げるとすれば、この方法以外にありません。
どんなにSEOに精通した人であっても、最終的にはこのノウハウが大事だと感じる局面に辿りつきます。

ただ、このノウハウを教えるためには、実際にコンテンツをプロデュースし、ソーシャルメディア上で拡散させてきた経験が必要となります。
そのため、「人工的なリンク売買」でビジネスをおこなってきたSEO会社やコンサルタントでは、そのノウハウを教えることができません。
なぜなら、ウェブライダーがおこなっているような外的SEOの経験が無いからです。
そのような背景があり、最近のウェブライダーのセミナーにはSEO会社の方も多く来られています。

リンクペイントコンテンツ

また、ウェブライダーでは、賢威のテンプレートを導入する方が迷わないよう、サポートフォーラムにて11年以上、サポート業務を続けています。
そのサポートは多岐にわたり、テンプレートの編集方法だけでなく、SEOに効果の出るサイト作りをレクチャーする場合もあります。

「SEOテンプレート」と名の付くテンプレートが世の中に次々とリリースされている中、賢威が支持され続けている理由がそこにあります。

賢威を購入する方の多くは、賢威を使う以上に、ウェブライダーのSEOノウハウを手に入れたい、というモチベーションが大きいのです。

だからこそ、賢威では、テンプレートだけでなく、ウェブライダーのSEOノウハウを学べる「SEOマニュアル」や、SEOに関する最新情報を共有する「サポートフォーラムの利用権」を付属しています。

いかがでしたでしょうか?もっと詳しくお知りになりたいでしょう?

では、次のロゴをクリックして賢威のオフィシャルサイトへ進んでいただき、必要な情報を手に入れてください。

Webマーケティングチーム「ウェブライダー」

また、新しい耳寄りな情報を発信させていただきますので、その節はお立ち寄りください。

この記事をここまでお読みくださりありがとうございます。心から感謝申し上げます。

 

 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA